女性に気持ちいいセックス体験談

東京【変態仲間編】

二日目、とある女性に会った。

A♀さんである。
A♀さんは以前からネット上で頻繁にやりとりしていて、とても趣味が合う女性だ。
お互い爽やかかつ興奮して変態話ができる相手はまずいない。
まさに変態という紫色かなんかの怪しい色の糸で結ばれた友達、仲間といった感じだ。

ご飯でも食べましょうということで会った。
俺は本当にご飯だけ食べるつもりだったかA♀さんはサービス精神旺盛なのか、色々と考えてくれていた。
俺は夕方からも他の女性と会う約束をしていたので、そのスケジュールも頭に入れていてくれてプランを練ってくれていた。
A♀さんは車で来ていたのでA♀さんの車に乗り込む。

そして軽く挨拶を交わした後、第1声が「ノーパン、ノーブラがいいかなって思って」と。
なんとノーパンノーブラで来てくれたのだ。
「サービス精神旺盛やな!」と俺も喜ぶ。
これ見てとバックの中を見ると拘束具やバイブがぎっしり。
素晴らしい!
車を走らせながら何するかを相談する。
「いい公園があって。人もこないし。障害者用トイレも綺麗で。そこでやってみたいのよねえ」とか「ホテルで普通にやった方がいいかなあ」とか。
障害者用トイレも捨てがたいし、ホテルでやるのも捨てがたい。
しかし、どちらもやっている暇はないので、無難にホテルへ向かうことにした。
ホテルへ向かう途中、A♀さんが自分で撮ったムービーを見せてもらう。
A♀さん自体、SとかMとかいうカテゴリもなく何でもこなすと言った感じらしい。
奴隷も数名いるとのこと。
しかも男も女もだ。
レズプレイやら男性との奴隷プレイを見せてもらう。
なかなか楽しそうだ。
男性が責められているところはあまり見たことがない。
俺は責められる方は苦手だが、興味深く見せてもらった。

マクドのドライブスルーで昼飯を買っていざホテルへ。
マクドを食べながら雑談。
俺も前日のフェティッシュパーティで使った衣装があるのでそれを見せる。
実際格好もしてみせる。
足枷がずり落ちてくるので、ポケットにバイブを入れて頭だけ出して、そこに足枷の片方の輪をかけていたのだが、その姿が受けたのか爆笑していた。
首輪も持っていたのでA♀さんにつけてあげる。
この首輪は鎖もついているのでまさにペット気分を味わうことができる。
A♀さんがニャーニャーとよってくるのでよしよしと撫でてあげた。
A♀さんが「おしっこ見る?」と聞くので「うん」と答えるとおしっこするところも見せてくれた。
サービスええなあ。

じゃあ、エッチしようかということで始める。
やはりいくら変態話が弾む相手だからと言っていきなり無茶はできない。
優しく愛撫する。
乳首が感じるというので優しく撫でてあげると本当にすごく感じていた。
すごく感じるのでずっとずっと撫でる。
反応がいいと楽しい。ずっと撫でてしまう。
乳首だけでイッてしまうのではないかと思うほどだ。
しばらくすると腰が激しく動きだしいかにも触って欲しそうだ。
だけど触らない。
遂に触って欲しいとお願いされてクリをやはり優しく撫でる。
すでにあそこもぐちょぐちょだ。
あそこの愛液をつけてクリを撫でる。
クリも大きくなってはちきれそうだ。
今度は指を入れ欲しいと。
「こう?」と言う風に入れてあげるとより一層喘ぎ声を激しくした。
Gスポットをツンツンと突く感じで攻めてあげるとイッてしまった。
しばらく寄り添いながらまた乳首を愛撫する。
「終わらないよー」と言いながらまた感じ始めた。
楽しいのでまた乳首をしばらく攻める。
今度はあそこを舐めて欲しいと。
得意のクンニで舐めてあげるとこれまたイッてしまった。
また乳首に戻って乳首攻め。
本当にずっと感じているから終わりそうにない。
つねられるのも気持ちいいらしく、つねってあげる。
強くつねればつねるほど激しく感じる。
感度が抜群でたまらない。

普段は彼氏しか生で中出ししないらしいが「どうしよう?」と聞かれる。
さすがに中出しはまずいので生で。
奥が好きということので、奥へガンガン突いてあげる。
激しく突く。
途中首も絞めて欲しいと。
強さを調整しながら首を絞める。
結構強めに締めたが気持ちいいらしい。
あまり突きがハイペース過ぎたか途中で疲れてしまったようだ。

一旦引っこ抜いて休憩。
俺も前日の疲れが残っているのか、あそこの立ちが悪い。
引っこ抜いたとたん縮んでしまった。

しばらく休憩しながら、今度はお返しにとフェラをしてもらう。
「イッていいよ」と言われるが元々俺はフェラではイケないタイプなのだ。
しばらくフェラチオを堪能していると、テレビで流してたAVが変なプレイが始まった。
ちょっと古めのAVで時代はワンレンボディコンが流行った時期だろうか。
女優のファッションがそんな感じである。
男優は40歳過ぎのおっさんである。
この男がとても変態なのだ。
女に対してねちっこく体を撫で回したのち、ストッキングをはいた状態の足の指を嘗め回す。
そこまでは別に集中していて見てたわけでないのでちらちらとしか観てなかったのだが、次のシーンが驚いた。
なんと、男は履いたままのストッキングの中に頭を入れて股間部分に頭をうずめているのである。
変態というか間抜けと言うか、凄いシーンだ。
A♀さんと一緒に爆笑した。
2人で爆笑したのち、自分達のプレイに集中しようとしたが、また変なシーンが飛び出した。
男はストッキングを破き、パンツをあらわにしたかと思うと、今度はなんと歯ブラシを取り出して、パンツ越しにあそこを歯ブラシで撫で始めたのである。
しばらくパンツ越しに撫でていたかと思うと、今度はパンツをずらして直接撫で始めた。
歯ブラシに愛液をたっぷりつけて。
段々と、我々はAVの方に気を取られていった。
そして、男は自分の口にその歯ブラシをもっていって磨き始めた!
それを見て我々は爆笑である。
アホ過ぎるシーンだ。
その後、そのAVの2人は普通のエッチを始めたが、エッチが終わるとまたもや歯ブラシ登場。
胸にかけた精子を歯ブラシですくいあげて女性の口に持っていき、やっぱり歯を磨き始めた!
ここでも爆笑!
笑いが止まらん。

それを見ていたA♀さんはやってみたいと言い出し、ホテルにある歯ブラシを持ってきて実行した。
ローションをつけてパンツ越しにやってみるがホテルの歯ブラシは毛先が固いのでパンツが破けそうになってしまう。
直接もやってみるが痛い。
もっと柔らかい毛先がいいみたいだ。
やっている振りをしてムービーに収めた。
そのムービーを見てまた2人で爆笑した。

そうこうしているうちにそろそろ時間が来たので出ることに。
AVに気をとられて爆笑しているうちに時間が押してきた。
慌てて帰り支度をする。
それなのに、清算するときに間違えて、1万円札を入れてしまって取り消したら、おつりが千円札ずつ出てきてしまった。
1万円札が千円札に両替されてしまった。
しかも、途中千円札が詰まってなかなか出てこない。
故障かと思い、フロントに電話するがしばらく待ってもらえれば出てきますの一点張り。
確かに相当時間をかけて一枚一枚出てきた。
それを見てA♀さんは爆笑していた。
俺もあまりの間抜けさに笑うしかなった。

話も楽しかったしエッチも楽しかったし、AVや清算機のアクシデントで笑ったりしてとても楽しいひと時を過ごした。
今度は乱交なんかもやってみたいという話をしながら駅まで送ってもらった。
また東京来たときは会おうと約束して別れた。
本当に紫の糸で結ばれているような気がした。

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
セックス上手いイケメン

セックス上手いイケメン

女性に気持ちいいセックスをとことん追求しています! セックスのお悩み相談はスカイプID forgirlsjp 、ご相談フォームで受けつけています。 「おもちゃ体験したい!」「イッてみたい!」「開発して欲しい!」など大阪近郊なら会って相談に乗れます。大阪在住、身長180cm、体重70kg、たまにイケメンと言われます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.